SSブログ

1月14日(火)⑤ アルツハイマーと言われ病院を出た母 [母の認知症関連]

とりあえず早めに病院が終わったので、母の希望で近所のショッピングセンターへ。
町内会の新年会に着ていくのに何か服を買いたいらしい。
ちなみに昨年の12月23日に靴下と下着を買ったのだが、どこにしまったか忘れてるとの事(妻談)

母は昔から派手な色が好きなので、私と妻で見立ててあげる。
いい感じの服があったので、買うことにする。私が買ってあげようとしたのだが、自分で払うと言う。
ここは母のプライドを傷つけぬよう自分で支払いをさせよう。

しかしそこは認知症、まだ支払いの終わってないレジに突撃。
レジ打ち最中のテーブルに自分の服を置いてすました顔で立っている。
「まあまあ、ちょっとこっちで待とう」とか言って、レジ前の停止線まで誘う。

で、フォローしつつ場所を移しお昼のお弁当を買う。
夜には我々は帰るので、母の夜の分のご飯も買っておいてあげる事とする。
自分で選ばせてあげて二個買ってあげる。
ここでは、私がカゴを持ち妻が支払いをしたので、レジ突撃は無かった(笑)

ちなみに、認知症の本読んでもレジ突撃の事例が見たことない(笑)

この時点で、先ほどまでの病院における診断については母より何も言及なし。 『認知症』『アルツハイマー』などこキーワードを言われたことは忘れているのか?
意外に普段通り。
(「死ぬ」とかグチグチ言うかと思ったが)

その辺のドラスティックな出来事は忘れているならそれで良い。
普通に聞いたら受け止めるのにかなりのショックを受けるだろうし。
これで良い。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。