SSブログ

地獄の帰省①【実家~病院】 [母の認知症関連]

早朝、暗いうちに家を出て実家に向かう。
花粉症も発症し最悪。

地元の駅に着いてからレンタカーを借りて実家に向かう。

今回の帰省は空き時間が30分も無いくらい予定を詰め込んだので憂鬱だ。

実家に向かう車中で妻の携帯に着信。母から「今日、来るんだよな」「何しに行くんだっけ」と確認の電話。『薬の調子を見るのに行くんだよ。今向かってるから』と返答し、実家へ急ぐ。

実家に着いたらソッコーで診察券と保険証を持たせて車に乗せてI病院に急ぐ。

2月13日(木)9時45分病院到着
→12時までには遅くとも診察を終えたい。
→診察券を渡すと共に前回診察時以降の母の状況をまとめたレポートを受付に渡す(医師に診察前に読んでもらえるように)。

2月13日(木)10時10分診察開始
→思ったより待たずに診察開始
→医師は母から近況を聞きつつ、デイサービスを利用する事を促す。
→医師は母が認知症老人を"ボケ"と呼ぶのは気に障るらしく母をいさめる。当たり前だ。
→母は相変わらず同じ事を繰り返し話す。興奮して話すと症状が顕著には見られる。マトモに見られようとして話せば話すほどドツボ。
→当然キーワードとして「死にたい」「歳を取るのは嫌なことだ」など。先生も馴れてきたせいかあまり深堀はしない。
→いつも通りのヒアリングとなだめすかしで診察を終える。
10時40分頃診察終了。

このエントリーをはてなブックマークに追加


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。