SSブログ

地獄の帰省⑥【資産売却】 [母の認知症関連]

ケアマネージャーさんとの打ち合わせを終えて不動産屋さんとの打ち合わせに向かう。

父が亡くなった時に財産(大したことない)はほぼ母に渡している。
私が受け取ったのは二束三文の土地だ。
実家が地方故、地価が今後大幅に上がる事もないと思われるので、まずは売りにくい土地から売る。

バブル前に父が買った土地なので、出来るだけ損切の金額は少なくしたいところだ。

こちらの売却の依頼を友人の不動産業者にお願いする

そうやって考えてみると、現在母の住んでいる実家を次に売るべきかと考えている。
実家は私が小学生の頃に建てたので築40年以上は経っている。
交通の便も悪く、築40年の建物の解体にも金がかかる。長年住んでいる親の荷物を廃棄するにも結構な金がかかると思われる。

ちなみに、母にその話をすると当然納得しない。
『私が死ぬまでこの家を残せ。』とか言う。そりゃ遺産がたくさんあって余裕があれば要望に応えるけど、我々にも老後があるし生活もある。
言うに事欠いて「あなた方が定年して戻ってきたらここに住めばいいし」とか言っている。
勘弁してくれ。

自分のやりたい様にしたいのなら、自分でやってくれば良かったはずだ。
そもそも、母が所有している土地に関しても10年近く前に我々が相場で買う事を提案しても「子供と金銭のやり取りはしない」とか言って売ってくれなかった。

自分の事ばかり考えて、我々の人生の邪魔をされるのは納得できない。

不動産屋さんと打ち合わせをしながら、自分の人生を守る事を強く意識した。

ちなみにこの時点で18時30分。
・母病院
・司法書士打合せ
・ケアマネージャーさん打合せ
・不動産屋打合せ
とりあえず何とかこなせた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。