SSブログ

【母の世話】悲願達成!【家族信託契約】 [母の認知症関連]

新型コロナウイルス
1月23日(金)23時00分現在で
日本国内の累計感染者数:361,597人
前日比:4,713人
死者:5,063人
前日比:83人
※News Digestより

本日の東京都の感染確認者は1,070名。
絶対値としてはまだまだ多いが、だんだん減ってきている様に見える。
もし今の方策だけで500名を切るレベルまで下がるとしたら、感染拡大は飲食店のせいと言う事になるのかな?
あと2週間でどれだけ下がるのか見ものです。

で、今日は実家に行ってきた。
(厳密には昨夜地元に入りホテル泊、で朝一でレンタカーを借りて実家へ)
ミッションはただ一つ
「母と家族信託の契約を締結する」
事だ。
信託契約には司法書士さんを頼んで契約書を作ってもらったり、登記をしてもらったりする。
土曜日だが来てもらった。
契約自体は意外とすんなりいったが、問題はその前。
タイムリミットがある中、契約に必要な資料を探すのに焦る。
・母の印鑑証明・・・有効期間が三か月なので母を連れて取りに行く。
(母に何度も「何に使うんだ?」とか聞かれて大変)
・当該不動産の納税証明書・・・整理整頓ができていないので、証明書・領収書・送付されてきた封筒がバラバラに色んな所置いてあった。二時間程度探してようやく見つかる。
・土地の権利書・・・不動産権利情報書と言う資料になっているのを知らなかった。父が亡くなった際に相続で作ってもらっていたのだが、初めて見た(笑)どれが司法書士さんの求めている資料か分からず焦る。
この三つがクリティカル。

基本的には母の財産を私が管理する契約なので、これを理解させれば問題は無いのだが。
私に家土地を勝手に売られると思い込むので、説得のタイミングが大変。
司法書士の先生と事前に打合せをして、「これは母のものだ」と言う点を強調。
意外とすんなり母は同意してくれた。

これで一安心。

去年は「絶対に嫌だ」と言い張っていたのに。さすがに自分でも思うところがあるのかな?
とりあえずこれで不動産に関しては誰にもだまし取られる事は無くなったのは一つ安心だし、施設に入る際に売却も出来るのでそれに関しても安心だ。

今日は疲れた(笑)




このエントリーをはてなブックマークに追加


タグ:営業時間短縮要請 外出自粛 精神科 飲食業 知恵 精神病院 不要不急 自粛 札幌市 新幹線 政府 感染者 火事 禁止 ワクチン クラスタ― 飛行機 移動 ANA 忘れる うがい 会食 旭川市 手洗い 医療体制 ホテル 実家 千葉県 危険 ソーシャルディスタンス 感染防止 感染予防 JR 家族信託 北海道 消毒 池袋 川崎市 観光業 お金 新宿 危ない 浅草 神奈川県 六本木 渋谷 横浜市 マスク 心療内科 信頼 医療ひっ迫 上野 バイデン 契約 火災 名古屋市 岐阜県 食事 医者 服薬介助 グループホーム JAL デイサービス ケアマネージャーさん 要介護1 テスト 介護度 母親 信託 締結 訪問介護 認知度 レビー小体型認知症 介護認定 就職 医療従事者 外食 緊急事態宣言 かかりつけ医 通勤 満員電車 愛知県 準備 資産 財産 入所 待ち 特別養護老人ホーム 老人福祉施設 特養 老健 不動産 待機 整理 ヘルパーさん 土地 銀座 リスク 石油ストーブ 飲食店 灯油 事故 感染拡大 地域包括支援センター 一人くらい ブログ 売却 帰省 管理 田舎 茨城県 栃木県 埼玉県 すすきの 兵庫県 沖縄県 京都府 大阪府 道頓堀 那覇市 福岡県 福岡市 診察 検査 医師 長谷川式 スケール 蛭子さん アルツハイマー型認知症 認知症 給料 診断書 介護保険 ラクダ 介護士 資格
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。